製作事例

西尾工場

量産

自動運転機器部品

自動運転機器部品

自動運転機器部品

残留油分管理、異物管理
(130×60×15、アルミダイカスト)

【LiDAR(自動運転向け機器)の基盤ケースの製作】
アルミダイカスト製品の油分、異物の管理、おまかせください!
LiDARは光を用いたリモートセンシング技術の一つです。レーザー照射により遠距離にある対象物までの距離や、性質を分析するものです。自動車の自動運転に欠かせない機能といえます。

写真はLiDARの基盤ケース部品です。この製品は残留油分の規格が設定されており、さらに異物に関しても厳しく規定されています。
基盤が組付く部品のため、微細な異物であっても許されません。異物が基盤に落下すると、ショートしてしまい、機器の故障になるからです。
こうした部品、実は難しいんです。

鋳造において、表面に剥がれやバリが発生しないよう条件を決定します。さらに仕上、検査を含め厳しく管理し、後工程へ不良を流さないよう工程をつくりこみます。
加工においては、切粉をできるだけ発生させない、残さない工夫をします。洗浄では油分、異物を落としきる工程設計をすることで、異物による不具合を発生させることなく、生産をしています。

今後、自動運転化、電動化が進むにつれて、残留油分や異物に関する要求はさらに厳しくなっていきます。
当社では、残留油分や異物に対して、お客様の要求を満足する工程設計、検査体制、品質保証体制を有しています。

量産製作に関するご相談、ご質問などお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

榊原精器株式会社 摩擦攪拌接合 榊原精器株式会社 摩擦攪拌接合 榊原精器株式会社 採用情報特設サイト 榊原精器株式会社 採用情報特設サイト